西澤内科クリニック



ピクチャ9.tif
西澤内科クリニック Nishizawa Medical Clinic

検査機器の更新
2017年11月より超音波診断装置を更新いたしました。従来より、東芝メディカルシステムズの最上位機種を使用しておりましたが、iBeam技術を用いてより高精細な画像を提供するプレミアム超音波装置 Aplio™ i(アプリオ アイ)シリーズを導入いたしました。同時に、画像表示用のコンピュータスクリーンも4Kから5Kにアップデートをしており、更に精細な画像で診断することが可能になりました。
インフルエンザワクチン製造及び納入の遅れ
例年は11月の初旬には適切量のワクチンが納入されるため、接種の予約を頂いた方にはご希望通り接種が行えるのですが、本年度はメーカーでのワクチンの製造が遅れているため必要量が確保出来ておりません。今後の納入状況は改善されるとは考えられますが現時点ではご希望通りに接種を行えませんので御理解をお願いいたします。
Welby (マイカルテ)の運用を始めました
株式会社ウェルビーが提供する、健康自己管理ノート(マイカルテ)の運用を始めました。スマートフォンをお持ちの方なら無料で自己の健康データを管理することが出来ます。毎日、計測したデータがスマホ内に保存されるため。受診時にはそのデータを診察に活かすことが出来ます。詳細はこちらを・・・
検査機器の更新
2017年3月よりフクダ電子製、ホルタ記録器FM-960を2台、FM-970を1台更新いたしました。身体に装着する電極が従来の製品より、簡便でかぶれにくくなりました。従来品より、小型軽量化されたため装着感も向上しております。24時間装着する機器なので少しでも皆様の負担が少なくなるように更新をしております。
午後診療、受け付け開始時間の変更
月・水・金曜日の午後受付開始時間はこれまでは15時30分ですが、2017年1月6日より14時30分からに変更いたしました。予約時間につきましては、混雑を避けるための順番の先取りとして行っているため、必ずしも時間通り・順番通りではございませんのでご理解頂きますようお願いいたします。
検査機器の追加
2016年4月よりフクダ電子製、血圧脈波検査装置VS-2000を追加いたしました。この検査装置は従来からある血圧脈波検査装置を小型化したもので、診察室のデスクトップに設置することができます。これによって、診察開始時の血圧測定と同時に動脈硬化の測定も行うことが出来るようになります。これからのプライマリ検査は血圧と動脈硬化測定詳細はこちら・・・
インフルエンザワクチンの接種が変わりました!
平成27年度より、厚労省のワクチン接種に関する基本方針が変更されたため、ワクチン製剤の内容が変わりました。それに伴い接種料金も改定されます。
検査機器の更新
2015年9月より超音波装置、デジタルレントゲン装置の画像ビューワー及び画像保存システムを一新しました。従来以上に安全、安心に画像の保存が出来るようになります。
検査機器の更新
2015年2月より診察室用コンピュータ、血圧脈波検査装置を最新型に更新致しました。詳細は・・・
お知らせ
平成26年度診療報酬改定により、4月1日から、一部の診察料が変更されました。例えば、初診料や再診料は変更されました。領収書以外にも明細書が発行されますので、そちらをご覧頂ければ内容を知ることができます。
寄贈
先の東日本大震災により被災されました仙塩総合病院さまへ、当クリニックの東芝メディカル製超音波診断装置(Aplio SSA-700A)を寄贈させていただきました。被災された方々の診療に少しでも役に立ち、一日も早く復興を遂げられますことを心より願っております。
あれから一年たって。仙塩病院より、その後の様子を知らせるレポートを頂戴しました。掲載された震災直後と現在の写真を比較すると、力強く復興されつつあることが感じられ、本当に嬉しく思いました。まだまだ、大変でしょうが、これからも前進されます事を願っております。